筋トレで体重増加!健康的な体を作る筋トレのコツ

もっと太りたい、体重を増やしてがっちりとした体を作りたいと考えている場合、食事量を増やして体重を増加させるよりも、筋トレを行って体を鍛える方法が効果的です。

では、どんなトレーニングが効果的なのか、ここでは効果的なトレーニング方法をお教えします。

筋トレで体重を増加させるには

 

もっと太りたい、体重を増やしてがっちりとした体を作りたいと考えている場合、食事量を増やして体重を増加させるよりも、筋トレを行って体を鍛える方法が効果的です。

筋トレで太る方法、それは筋肉を肥大させることです。

筋肉は脂肪よりも重たいので、体系が変わらなくても筋肉の量が増えるだけで、体重は増加します。

筋トレはジムに置いてある特別なトレーニング器具がなくても、自宅で簡単に行うことができます。

手軽なのは腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどです。

太りたい場合は、まず、スクワットを重点的に行うのが効果的です。

その理由として、スクワットによって鍛えられる太ももの筋肉は、人体の中で一番太く大きい筋肉なので、そこを鍛えると体重はかなり増加するのです。

筋トレを行う際は、目的によって負荷のかけ方を変えましょう。

例えば、ボディビルダーの筋肉とマラソンランナーの筋肉では、その見た目が大きく違っています。

これは、筋肉に対する負荷のかけ方の違いによるものです。

持久力のある引き締まった筋肉を作るためには、スクワットなどの筋トレの回数を増やしましょう。

筋肉が大きくなりすぎないので、女性の方にもおすすめの方法です。

筋肉を大きくしたいのなら、強い負荷をかけたトレーニングを短いスパンで行いましょう。

ダンベルを使ったトレーニングなどが、おすすめです。

 

太るためにはたんぱく質が必須!

筋トレを行う際には、たんぱく質の摂取が必要です。

太りたい、体重を増やしたいと考えている場合は、効率的にたんぱく質を摂取する方法を知っておく必要があるでしょう。

筋肉が成長するためには、十分なたんぱく質を摂取している必要があるので、筋トレの効率にも大きく影響してくるのです。

筋トレを行う一時間前ほどにプロテインなどのたんぱく質が含まれた飲料を飲んでおくと、筋トレの効果が大きくなります。

鶏肉などにもたんぱく質が多く含まれているので、夕食のメニューに加えてみてもいいかもしれません。

太る方法として、一日の摂取カロリーにも気を配る必要があります。

体重が増加するかどうかは、一日で消費したカロリーと一日に摂取したカロリーとの差によるものだからです。

太るためには、まず食事に気を配る必要があると言えます。

また、睡眠時間にも注意が必要です。

せっかく筋トレを行っても、睡眠時間が短すぎると十分な効果を得ることができません。

筋肉は筋トレによってダメージを与えられた後、睡眠中に超回復が起こることによってより強く大きくなっていきます。

ですので、太りたいと考えている場合は、睡眠時間をしっかりと確保できるタイミングで筋トレを行いましょう。

筋トレをした直後は体が熱くなり中々寝付けなくなるので、睡眠の2,3時間前に筋トレを行うのがおすすめです。

 

体脂肪率とBMI

筋トレで体重を増やそうとする場合、体脂肪率とBMIについて理解しておくのがいいでしょう。

体脂肪率とは、その名前の通り自分の体にどれだけの脂肪があるかを「%」で表したものです。

体脂肪率が高ければ高いほど、体に脂肪が多いということになります。

筋トレによって筋肉を増やすだけでなく、同時に体脂肪率を落とすことができれば、よりしっかりとした体になります。

脂肪が減るとそれだけ体重も落ちますが、筋肉は脂肪よりも重たいので、体重を増やすためには筋肉を増やすことを目的とするのが効果的です。

BMIというのは、ボディ・マス・インデックスと呼ばれるものです。

自分の体重と身長のバランスから数値を割り出し、同じ年代の人と比べて自分の体形が太っているかどうかを判断する基準となるものです。

BMIの割り出し方は、自分の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)の式で求めることができます。

18.5から25ぐらいが正常の値とされています。

BMIが22だと、最も健康的な身長と体重のバランスだと言えるようです。

筋トレで体重を増加させる際には、体脂肪率とBMIに気を付け、ただ体重を増やすだけではなく、健康な体を作ることも目的の一つとして、行動に取り組むのがいいでしょう。

成分と価格を徹底比較!太るサプリ総合ランキング

▼太りたいのに太れない方へ!おススメ太るサプリを選びたいなら♪▼太るサプリ>>太るサプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<