太りたい人必見!太れない原因と対策

食べても食べても、太れないという悩みを抱えている人もいらっしゃるでしょう。

女性の場合は、ちょっとふっくらとして女性らしいボディーラインを手に入れたい人もいるでしょう。

男性の場合は、せめて彼女よりはしっかりした体でいたいと考えることもありそうです。

そこで、太れない原因対策について調べましたので、ご紹介します。

 

原因は?太りたいのに太れない悩み

太れないのは遺伝?

太りたいという悩みを抱えている人の中には、遺伝が原因で太れない可能性があります。

両親や先祖が痩せている人が多い場合には、太れないことがあります。

ただし、遺伝性の場合、遺伝子により太れないということが実証されているわけではありません。

家族が受け継いできた食生活が影響している可能性が高いのです。

そんな場合には、家族が何を食べているのかをよく分析し、家族が食べているものよりもカロリーの高いものを取るようにして見ましょう。

 

ストレスや生活習慣の乱れが原因?

長期間に渡りストレスを受けていたり、生活習慣の乱れにより、太りたいけど太れない場合があります。

そんな場合は、生活習慣を規則的にすることはもちろんですが、自分なりにストレスを解消する方法を見つけましょう。

例えば、お風呂に入ったり、スポーツをしたりすることで、ストレスを解消することができます。

リラックスするにはペットを飼ってみるのも、一つの手段です。

短時間でストレスを解消するには、マッサージを受けるという方法もあります。

大量のマイナスイオンを受けると、ストレス解消になります。

滝などを目指して旅行に出ては見てはいかがでしょうか。

 

胃下垂が原因かも?!

食べても太れない人は、胃下垂などの病気になっている可能性があります。

胃下垂の場合、食べ物が胃にとどまっている時間が長くなります。

そのため、腸に食物が止まる時間が短くなり、栄養の吸収量が減ってしまうため、太りにくくなってしまうのです。

もし、たくさん食べていて、運動もしていないのに太れないと悩んでいるのであれば、一度、病院にて診察を受けてみるのも良いかもしれません。

特に、胃下垂については自覚症状はほとんどありませんので、病院で検査をして見ないとわからないでしょう。

胃下垂の原因としては、ストレス睡眠不足などが挙げられます。

胃下垂にならないためにも、ストレスをためず規則正しい生活を心がけて見てはいかがでしょうか。

 

体質改善が大切!太らない原因は?

胃腸の消化吸収力が弱い

太れない人の特徴として、胃腸の消化吸収力が弱い可能性が考えられます。

太るには、消費するエネルギーよりも、吸収するエネルギーが多くなければいけません。

そのため、摂取カロリーを上げるために、食べたものをできるだけ効率的に体内に消化吸収する必要があります。

いくらたくさん食べたとしても、消化不良を起こしてしまっては、体調を崩してしまうだけです。

そのために、胃腸を良い状態にすることが大切です。

 

胃腸の調子を整えて体質改善

胃腸の調子を改善するためには、消化の良いもの酵素を多く含んだものを食べると良いでしょう。

消化に良いものとしては、温かいものを選ぶとよいでしょう。

うどんお鍋などが最適です。

冷たい飲み物で、冷やさないことが大切です。

揚げ物などジューシーな肉料理は高カロリーですが、胃に負担がかかり、消化吸収しづらいので、無理に食べる必要はないでしょう。

また、胃や腸の消化器官の調子は、精神面が影響する場合があります。

ストレスをためない工夫も必要でしょう。

 

酵素を含んだ食品も効果的

胃腸の消化吸収力を向上させるためには、消化の良い食事に加え、酵素を多く含んだ食品を摂ることが効果的です。

タンパク質や脂質、炭水化物は、酵素のおかげで消化できます。

酵素の働きが悪いと栄養吸収率が低くなってしまいます。

そこで、食事の際に、酵素を多く含んだ食品を取り入れるとよいでしょう。

酵素を多く含んだ食品は、次のものです。

  • 納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品
  • マンゴーやキウイ、バナナなどのフルーツ
  • キャベツ、大根、長芋などの消化酵素を含む野菜

白米などの炭水化物や肉、魚などのタンパク質を食べる前に、先に酵素を含む食品を食べておくと効果的です。

 

女性が健康的に太る方法

女性が太りたいとは

一般的に女性は、妊娠や出産の為に脂肪を蓄えようとするので、ダイエットに勤しむ方が多いでしょう。

その一方で太りたいという方もおり、女性らしい丸みを帯びた体は魅力を高めます。

脂肪を蓄えれば、それだけバストのボリュームも増えるので、一石二鳥でもあります。

華奢であることは決して悪い事ではありませんし、細身が好きという男性は多く存在します。

しかし、自分自身が体型に満足できなければ、常にストレスを抱えて生きていくことになります。

体質的に太りたくてもなかなか太れないということもありますが、不可能ではないと認識して努力を継続したいものです。

 

筋肉をつけてバストアップ

女性のバストはほぼ脂肪なので、脂肪をある程度蓄えることで、大きくなるのは事実です。

ただ、それだけでは不十分で筋力トレーニングを行わないと、バランスの良い体にはなりません。

バストが大きくなったとしても、垂れてしまうとポジティブには捉えられないのです。

筋力トレーニングをすると、胸周辺の筋肉が鍛えられるので、いわばバストが支えられるという状態になります。

見た目にも、重力に負けて垂れ下がっていた胸が上向きになるので、メリットは大きいです。

また、筋肉は脂肪よりも重いのでトレーニングするほどウェイトを増やすことができ、太りたいという願望も叶えることができます。

腕立て伏せやダンベルなど簡単な方法でも大丈夫です。

 

プロテインの摂取

筋力トレーニングをして、筋線維が傷ついた状態をスムーズに修復しなければ、なかなか筋肉はつきません。

プロテインは筋線維の修復を手助けするので、しっかりとトレーニングした分筋肉がつきます。

筋肉がつくことで、男性のようなゴツゴツとした体になるかもしれないと思われるかもしれませんが、プロスポーツ選手のような激しいトレーニングをしなければ心配要りません。

適度にトレーニングする程度では、筋肥大せず、全体的に健康的な見た目になります。

適当にプロテインを選択するのではなく、体重を増やすことを第一目的としたプロテインも販売されているので、そのような商品を選択します。

更に女性用プロテインであれば、女性に嬉しい栄養素も配合されています。

 

ガリガリ体型に悩んでいる男性必見!健康的に太る方法

太りたい男性の切実な思い

世の中には痩せたくてダイエットに励む男性が多い中で、太りたいという悩みを抱えている人もいるものです。

太りたい人は自分がガリガリであることを自覚していて、男なのに貧弱に見られることを気にしたり、マッチョ体型のほうが女性にモテるのではないかと自信を失くしたりします。

また、近年はゆるい感じのファッションが流行っているために、ズボンもデザインの関係で元々大きめのサイズが多く、着られる服が限られてしまい、おしゃれができないという悩みもあるでしょう。

何とかして太りたいものの、体質もあって、なかなか思うような体型になれないという悩みも存在するのです。

 

太るための食生活の工夫

太りたい男性は、食事を工夫をすることで、体質を変えていくことができるかもしれません。

脂ものの摂取や無理な大食いは、太ったとしても健康に良くありません。

そうではなく、健康的に太るためには、まず良質のたんぱく質を3食に1品ずつ取り入れましょう。

たんぱく質は筋肉を作るために必要な栄養成分で、一気にたくさん摂取するのではなく、3回に分けて食べるのが理想と言えます。

納豆や鶏肉、卵などをしっかり食べましょう。

また、おにぎりを間食に食べるなどして、3食にあと少しカロリー摂取をプラスしたいものです。

間食といっても、リノール酸や糖分が多い洋菓子やパンではなく、おにぎりやナッツ類、果物などを食べるのがおすすめです。

 

上手に活用したいプロテイン

太りたい男性におすすめの方法が、プロテインの摂取です。

プロテインにもいろいろありますが、太りたいのであれば高カロリーで高たんぱくの成分のものを選びましょう。

しかし、ただプロテインを飲んでいるだけではなかなか成果は出ません。

効果的な方法としては、筋肉トレーニングを行い、ごはんもしっかり食べながら、プロテイン摂取を続けることです。

飲むタイミングとしては、トレーニングの後30分~1時間以内に摂取するように習慣づけましょう。

プロテインは継続することが大切なので、飲みやすいものを選ぶことも重要です。

溶けやすく自分の好みのテイストを選ぶことで、抵抗なく毎日飲むことができるでしょう。

自分に合うプロテインを見つけて、ガリガリ体型から卒業したいものです。

 

太れない人でも太る方法!

カロリー収支をプラスにするために

太りたいのに太れないことに悩んでいる方も、多いのではないでしょうか。

ですが、太る方法はあります。

体質を改善して食べる量を増やし、さらに運動をして筋肉つけることです。

なぜ太れないかというと、摂取するカロリーよりも消費されるカロリーが多いからです。

したがって、まず太るために食べる量を増やして、カロリー収支をプラスの状態にすることです。

これには、胃腸の調子が良くなくてはいけません。

痩せている人は、消化器官のエネルギーの吸収効率が悪い場合が多いです。

ですから、胃腸の調子を整えて栄養の吸収効率の良い消化器官へと体質改善を図るために、一度病院で診察を受けてみましょう。

 

3食きちんと食べる

太る方法のはじめの第1歩は、3食きちんと食べることです。

そして、食べる量を少しずつ増やして、カロリーの摂取を増やしていきましょう。

特に、太りたいなら、夕食は必ず食べるようにしてください。

夜は消化管の活動が活発になり、1日のうちで1番栄養の吸収率が高いからです。

ご飯1膳140gのカロリーは、約235kalです。

人が1ヶ月で1kg太るためには、約7000kcal必要だとされています。

これを30日で割ると、約233kcalです。

ご飯を1膳増やすだけで、1ヶ月間で1kg太れる計算になります。

ご飯の量を増やして、高タンパク、高脂質の食べ物を取り入れ、バランスよく食事をするように心がけましょう。

 

運動を取り入れる

さらに、運動することも大切です。

健康的に太るために、運動も取り入れていきましょう。

運動で筋肉量を増やすことで、体重を増やせます。

この体重を増やすためのトレーニングは、大きく太い筋肉を鍛えていくと効率がいいです。

筋トレの世界では広く知られているビッグ3、ベンチプレス、スクワット、懸垂がこれに当たります。

ベンチプレスは、胸の筋肉を鍛えるトレーニングです。

これは腕立て伏せで代用ができます。

スクワットは、太ももの筋肉を中心に下半身の筋肉を鍛えます。

懸垂は、腕の筋肉と体の裏側の筋肉を鍛えることができます。

少ない回数からでもいいので、継続していきましょう。

このように、体質を改善してエネルギーの吸収効率をあげ、食事の量を増やしてカロリー収支をプラスにし、これに運動も取り入れて筋肉をつけると太れない人でも太ることも可能です。

 

美乳やメリハリボディを目指したい!太るサプリメント

太りたいのに食べても食べても太れない!

鏡を見るたびガリガリに痩せて貧相な体にしょんぼり、太らなくて羨ましいと言われても自分自身は「太りたい」と悩んでいる方、意外と多いのです。

太れない人の多くは、遺伝的に代謝が高いことが多いです。

体温が高かったり、汗をかきやすいという特徴があります。

食べても筋肉や脂肪として蓄積されず、どんどんカロリーとして消費されてしまうのです。

また虚弱体質で、胃腸の消化機能が正常に働かず、食べ物の栄養をほとんど吸収しないまま排出してる人もいます。

こうした状態を改善するために生活習慣の改善のほか、吸収率の高いたんぱく質や食欲増進作用のあるサプリメントを利用する方法があります。

 

食欲にムラがあって小食な方へオススメ「プルエル」

太りたい人のためのサプリメントにも、得意な分野というのが存在します。

例えば『プルエル』というサプリメントは、「消化吸収能力を高める」という効果を持っています。

太るためには消費カロリーよりも、摂取カロリーが多くならなくてはいけません。

かといって、脂質が多いような高カロリーの食事ばかり食べると、胃腸に負担をかけてしまいます。

そこで「消化吸収能力を高める」という効果のあるプルエルを飲み、高たんぱくで消化の良い食事を摂取することで、余ったエネルギーを効率よく体に貯めることができるのです。

このため、小食や食欲にムラがある人におすすめです。

 

筋肉質な体へ!「ドクター・フトレマックス」

ただ太るだけでなく、筋肉質な体を維持していきたいと思う方へおすすめなのが、ドクター・フトレマックスです。

こちらはいわゆるプロテインなのですが、太りたい人のためのプロテインです。

一般的なプロテインと違う点は、満腹感が得られにくい単糖類で構成されており、食事の量に影響しないということと、乳酸菌が配合されているため、下痢になりにくいということです。

プロテインを飲んで満腹になってしまうと、必要摂取カロリーを取ることが出来なくなってしまいます。

また、せっかくご飯を食べても、プロテインによって下痢になってしまうと、栄養を吸収できずに排出してしまう原因になるのです。

筋肉が付きやすい体になるので、合わせて体を鍛えることでメリハリの効いたボディを手に入れる手助けになります。

太る方法

  • 太りたい人必見!太るための食事

    世の中には、痩せたい人がいるのと同じように、身長と体重が不釣り合いで、貧相にみえてしまうため、太りたいという方もいらっしゃいます。 そんな方のために、消化吸収力を上げる太るための食事について、いくつかご紹介していきます。 […]

  • 太りたい!健康的に太るための食事方法

    痩せている方の中には、食べても太れないという方がいらっしゃいます。 太りたいのに太れないのは、大きな悩みでもあります。 太りたいからと、揚げ物やケーキばかりを食べるだけでは、健康的に太ることはできないでしょう。 そこで、 […]